チャンピックスは禁煙の手助けになる薬です。ニコチン切れによる症状の緩和や、タバコを吸ったときにおいしいと感じにくくする作用が期待できるので禁煙が成功できる可能性が高まります。そんなチャンピックスを入手して禁煙をすぐに開始しよう!

  • ホーム
  • チャンピックスの止め時は?

チャンピックスの止め時は?

禁煙

禁煙を成功させるための飲み薬として、チャンピックスと呼ばれる医薬品があります。
タバコを吸うことで脳内におけるニコチン受容体がニコチンと結合することで、快感物質であるドーパミンの放出をすることから、タバコを止めることが難しくなります。
チャンピックスに含まれている成分の作用によって、ニコチン受容体と結合する効果がありますので、ニコチンよりも少ないドーパミンの放出をさせることでニコチン不足による離脱症状を軽減できます。
チャンピックスの処方は禁煙外来が設置されている医療機関で受けることが可能で、一般的な治療のメニューは12週間となっています。
従って、医者に相談することなく自己判断によって、服用を中止しないことが大切です。
自分の力だけで禁煙できると思い込むことで、服用を中断してしまうと禁煙治療薬の処方が受けられなくなるために、禁煙に失敗する確率が高くなります。
チャンピックスを服用を開始してから最初の1週間は、少しずつ禁煙治療薬の用量を増やす期間となり、服用開始から3日目までは1日に1回0.5mgの服用を行います。
4日目から7日目には服用量を1錠増やして治療を行い、7日目まではチャンピックスを服用しながら、タバコを吸うことも認められます。
治療を始めてから7日目までに自然とタバコを吸わなくなったときには、8日目を待つことなく禁煙をスタートさせてもかまいません。
12週間の禁煙治療が終了するまで、1日2回のチャンピックスの服用を継続します。
チャンピックスの服用は朝、夕の食後に行うものとして、服用することで体調が悪くなったときには医者に相談するようにしましょう。
服用を止めるときには医者の判断の下で行うべきであって、自分で服用を止める判断をしないようにする必要があります。