チャンピックスは禁煙の手助けになる薬です。ニコチン切れによる症状の緩和や、タバコを吸ったときにおいしいと感じにくくする作用が期待できるので禁煙が成功できる可能性が高まります。そんなチャンピックスを入手して禁煙をすぐに開始しよう!

  • ホーム
  • チャンピックスで煙草がまずくなるのはなぜ?

チャンピックスで煙草がまずくなるのはなぜ?

箱にある煙草

禁煙成功率の高さや保険治療で実施できるという信頼性の高さなどの魅力が多いのがチャンピックスによる禁煙治療です。
煙草がどうしてもやめられないという人のほとんどは煙草に含まれているニコチンに依存症になってしまっているとされており、ニコチン依存症になってしまっていると診断されることで保険適用で行えるのがチャンピックスによる治療です。
チャンピックスの禁煙成功率は9割以上と言われ、発売以来高い確率を維持しています。
その成功率が高い理由としてあげられているのがチャンピックスの服用をすると煙草がまずくなって煙草を吸いたいという気持ちを抑えやすくなるからであるということが知られてきます。
チャンピックスの服用をするまでは煙草がおいしくて仕方なかった愛煙者でもまずく感じてしまうのにはそのメカニズムに基づく理由があります。
煙草がおいしいと感じている理由として大きいのもまたニコチンの作用によるものであり、ニコチンが快感物質として知られるドパミンを脳内で放出させることがおいしいという気持ちにつながっています。
これに対してチャンピックスはニコチンが結合してドパミンを放出させるシグナルを出す受容体に結合してしまい、より弱いシグナルしか出さないという特徴を持っています。
このため、チャンピックスを服用しているとニコチンを煙草によって摂取してもニコチンが受容体に結合できなくなってしまい、ドパミンが放出されなくなります。
そのため、おいしいと感じる快感の刺激がなくなってしまうことになるのです。
そして、おいしかったはずなのにという気持ちとのギャップから煙草がまずいという印象に置き換わっていくようになるのです。
こういった効果を示すことから、チャンピックスによる禁煙成功率た高まっているとされています。

サイト内検索
人気記事一覧