チャンピックスは禁煙の手助けになる薬です。ニコチン切れによる症状の緩和や、タバコを吸ったときにおいしいと感じにくくする作用が期待できるので禁煙が成功できる可能性が高まります。そんなチャンピックスを入手して禁煙をすぐに開始しよう!

  • ホーム
  • タバコが恋人なら肺がん予防にチャンピックス

タバコが恋人なら肺がん予防にチャンピックス

煙草を口に入れている人

タバコをお口の恋人としている人にとっては、肺がんや呼吸器疾患の危険性が高くなるという報告があります。
肺がんなどのリスクを下げる最も効果的な方法は、禁煙することと言われており、日本としても国を挙げて禁煙を推奨しています。
従来までの喫煙は習慣であるという考え方を止めて、喫煙はニコチン中毒という病気であると位置付けて、治療を受ける対象として取り扱うことにしています。
医療機関の中には禁煙外来が設置されているところもあり、禁煙を行うための治療が受けられます。
禁煙治療としてはチャンピックスを処方される方法が主流となっており、従来のニコチン製剤を使用する方法よりも効果が高いと言われています。
タバコに含まれているニコチンは、人間の体内にある受容体と結合することでドーパミンの放出を促す作用があります。
それによって喫煙を止められなくなり、タバコを吸わなくなることでニコチンの摂取ができなくなることで、離脱症状が現れます。
離脱症状の影響で禁煙を成功させることが難しくなるわけですが、チャンピックスにはニコチンの代わりに受容体と結合する作用があることから、ニコチンが受容体と結合することを阻害できます。
受容体とチャンピックスの成分が結合することで、微量のドーパミンの放出を行うことで、禁煙による離脱症状を減らす効果があります。
チャンピックスの効果で離脱症状を軽減できることで、禁煙の達成率を引き上げることに繋げられます。
チャンピックスの処方は医療機関で受けるもので、一般的なドラッグストアや薬局で購入することはできませんので、禁煙治療を受けたいときには病院に通う必要があります。
医療機関での禁煙治療は、12週間にわたって継続的に行うことで効果を得ることができます。

サイト内検索
人気記事一覧